Loading...

下水道管路施設維持管理

下水道管路施設維持管理(上下水・農水・工水)

人間―私たちの身体は、外部から身を守る防衛本能と自身の力で病気を治す治癒(免疫)能力を持っています。

しかし、私たちが快適な暮らしと自然環境を保つために欠かせない下水道管路施設は、自らの力では保守管理を 行うことが出来ません。

長年使用した管路施設は、管の破損や歪み・侵入水・固形物の付着・木の根侵入等の外的要因による機能低下と耐用年数による老朽化が起こり、適切な処置対策が必要になってきます。

その為には、 管理者が総合的な点検調査及び計画的な、補修・改築・更生を行って、はじめてその施設機能を正常に維持することができます。

私たち、㈱環境開発は40年を超える豊富な経験と実績から最新のテクノロジーを有し、管理者のニーズにお応えすべく、 種々の調査と最適な工法による迅速かつ効果的な工事を24時間体制で行いながら、都市機能の維持管理に努めております。

テレビカメラ調査
テレビカメラ調査
ホースライニング工法
ホースライニング工法
パルテム・フローリング工法
パルテム・フローリング工法
3Sセグメント工法
3Sセグメント工法

業務内容

  • 調査
    (長寿命化対策、テレビカメラ、不明水、流量、誤接)
  • 管渠改築補修工法
    (SGICP、SZ、3Sセグメント、ホースライニング、クリアフロー、インシチュフォーム、オメガライナー、SPR、バルテム・フローリング、PFL、光硬化、カナスリップ)
  • 部分補修工法
    (EPR、FRP)
  • 防食ライニング(PML、PPL、MLR)