Loading...

てこのチカラ 2人目 百田 和也

キャリア転職者インタビュー 2人目 下水道部 百田 和也

◆入社のきっかけ

剣道を通じての旧知の先輩が既に勤務されておりましたので、「環境開発で働きたい」熱望を伝え紹介していただきました。

今迄は、小さな建設会社に勤めていましたが、子供が生まれたことで将来性のある安定した会社を探していたのです。


自宅と会社が離れていて通勤が心配だったのですが、社宅も完備されていましたので、妻も一緒に決心できました。

4月入社までの「中途採用枠」でしたが、心機一転迷わず申し込むことにしました。


◆入社して思う事・感じた事

私の所属は下水道部です。 日々の仕事は、下水道管渠の清掃や維持管理をしています。

危険な作業環境も多く、上司や先輩から厳しく注意される事もありますが、エキスパートに成長するための叱咤激励と捉え私自身も後輩の育成に繋げて行きます。

汚れることも多い現場ですが、仕事が終わっての「入浴」や「サウナ」そして整体師によるマッサージは、一日の疲れを癒してくれます。


環境を守る「縁の下の仕事」ですが、自分の子供たちに少しでも清潔で美しい街を残して上げられたら良いな、と思っています。


◆我が社へ転職を希望される皆様へ

私たちの仕事は、年中無休24時間体制(当番制による交代)です。 地域住民の方々からの陳情や依頼を受け、清掃作業を行ったり、交通事故や倒木撤去等の緊急作業にも対応しています。

一人一人が自分の判断で行動することも多くなってきますが、責任感とやる気がそれを補ってくれます。

一般企業でありながら、公共性の高い仕事ができるのも魅力です。

福利厚生も充実していると感じています。 転職時に社宅に即入居できましたので、妻も喜ぶと共に安心してくれました。

「We are proud that the city is so beautiful.」 一緒にきれいな街を残す仕事をしてみませんか…!


◆所属長から一言

百田君は、前職での資格取得数も多く、常にスキルを高めている姿勢は、これからの若い社員に求めるところです。

正社員に採用され入社期間も短いながら、次々と資格取得に挑戦しています。

個人のスキルが上がることが、会社の技術向上に貢献します。これからも全面的に協力しますので、家族のためにも頑張って下さい。


他のキャリア転職者インタビューをみる

松村康平
「ひた向きに、そしてどん欲に。」
天職に巡り会えたことに恩返ししたい。
田中友和
「誰にでも出来ない仕事。」
管更生のエキスパートとしてのプライドと喜びがある。